暮らしに役立つ何でも入るストッカー!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
空中庭園
今年も今日で終わりかぁ.
年月の早さに驚きこそすれ,年の移り変わりにそれほど感慨も感じなくなって久しい…
簡単に言えばあとは老いていくだけだね.

さ,今年最後に読み終わったのは角田光代「空中庭園」.

なかなかおもしろい作品だった気がします.
楽しませるでもなく,感動させるでもなく,教訓を語るのでもない.
ただ,淡々と「人間こんなもんでしょ?」って言ってるような印象でした.

でも確かに人の中で生きていくことは似たようなシーンの積み重ねでもあるかもしれないですねぇ.
人と繋がっているということがどういうことなのか,よく考えてみるのも一興じゃないかなw

文庫本のレビューより,ハードカバーの方のレビューの方が全然肯けるw
あと視点を変えながら物語が進行していくっていう構成がおもしろかったなぁ.
スポンサーサイト
夜のピクニック
恩田陸「夜のピクニック」を読み終えました~w

中間発表だのなんだので読めなくて延長しちゃったケドさ。
結構ハマってたw

「歩行祭」っていう夜通し歩く高校最後の全校行事を通して、異母きょうだいの主人公二人とその周りの人々の気持ちの動きとかが描いてあります。

友達のこととか、恋人のこととか、家族のこととか、思い出しながら読むのはなかなか感慨深い気がする…

高校のときのおれとか。今のおれとか。
一緒にいる人は変わったり変わんなかったりするけど、
ちゃんとやれてっかなぁ

まだまだ先は長いねぇw

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。