暮らしに役立つ何でも入るストッカー!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
東京奇譚集
この前買った,村上春樹「東京奇譚集」を読み終わりました.

春樹さんの短編を読むのはすごい久しぶりでした.
個人的な印象としては,他の作品に比べて輪郭のある作品のような気がしました.

そういう意味では自分の中の「村上春樹」っぽくはなかったかもしれないです.
それでもやっぱり「村上春樹」でしたかね.香りがしてましたw


本は自分にとってあくまで「時間のうまい使い方」みたいなもので,かるい楽しみの一つですかね.
なので
・文章として読みやすい
・話が自分にとって楽しめる(重要w)
ということくらいしか見てないので,あまり客観的,文学的なオススメみたいなことはできませんw

そゆのはどっかのレビューとかで見るといいかもですw
とりあえず,春樹さんファンなのでオススメだけしときますw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
後輩が読みますかって言ってきたので、借りて読みました、村上春樹。村上春樹って名前がいいね、七文字だ。相変わらずいい具合の比喩と文体だけど、もしかしたらそれだけなのかな。ファンの多さと、支持の高さ、売上げの高さ、そんなのにびびることなく一作家として読めばい
2005/10/15(土) 00:06:48 | WHAT WOULD BRIAN BOITANO DO?

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。