暮らしに役立つ何でも入るストッカー!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
象の消滅
韓国へ行くらしい!わーい!
お金うまく計算しないときつそうだw

村上春樹「象の消滅 短篇選集1980-1991」です.
なんで今頃購入したのかっつーと,やっぱ金です…orz
当時は金欠だったというわけ.

読んだことのある話もちらほら入ってました.
普段読んでるような短編集に比べると格段にボリュームがあるんで,お得感あふれる一品ですw

題名になってる「象の消滅」という作品は前に舞台になっていて,確かサイモン・マクバーニー演出の「エレファント・バニッシュ」というやつだったかな.
この作品は自分で金を払って見に行ったはじめての「舞台」だった.
といっても相方のおかげで見れたんだけどw
だからなのか,演出の効果なのか,この舞台は今でもその内容をとてもよく思い出せるくらい,いい舞台だったのを覚えてるなぁ.

というわけで,「象の消滅」は村上春樹の中でも結構自分にとっては特別というか,縁があるというか.
まぁ,そんな感じですw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「象の消滅」短篇選集1980-1991はアメリカで出版された短編集のセレクションを日本版にしたものです。一部「逆輸入的」な日本訳もあるようです。飽きません。ちょっと、アバンギャルド(モノガタリよりも、コトバに傾倒している)なセレクションですが、よいです。おそら...
2006/01/26(木) 21:48:07 | 田中およよNo2の「なんだかなー」日記

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。